忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.09.26 | | edit

月よみ隠し

茜さす うす紫の
浮き雲に 夕闇浮かべ
夏の蔭 祭囃しに
天つ空 ひとのそわつく

現身の世 儚きとしるし
すぎゆくときも 色を重ぬべく

烏玉の夜わたるひかり
冴え満ちる 里のおもわに

いざ月よみの てっぺん隠し
人の輪も まばらに消えて
夢うつつ 幽幻の闇
包み込む 浮世のすべて

まわりあう ことわり抜けて
終夜 とおくあそべば
つれてゆく 記憶のかけら
叢雲の なかに誘う

いざ月よみの てっぺん隠し
人の輪も まばらに消えて
夢うつつ 幽幻の闇
包み込む 浮世のすべて

まわりあう ことわり抜けて
終夜 とおくあそべば
つれてゆく 記憶のかけら
叢雲の なかに誘う


▼曲情報
大江戸宅急便
オレノ嫁10」収録

Lyrics:森永桐子
Music , Arrangement & Manipulator:高岡和泉
曲先・ボカロ(リン)用です。
これはしまさんからちょっとした構想をいただいてました。
「夏の夜のお祭りは何かが起こりそう
古くからあるこの裏山には、ご神木があって
いい子にしていればお願い事をした瞬間、ゆめをみてるみたいになれるんだって。」


なにげに掛詞がふんだんに入ってますので色々読み解いてもらえると嬉しいですw

▼歌詞を紹介する
下記枠内のタグ(テキスト)を全てコピーし、
あなたのブログやホームページなどに貼りつけてください。

2012.08.01 | オレノ嫁10 | edit

UP | TOP | HOME

忍者ブログ [PR]
PR