忍者ブログ 忍者ブログ [PR]
はにーえんぜる
歌詞のぺーじ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019.09.19 | | edit

たいやきを探しに

あたたかい 夢の中
キミを待ってた 勇気がなくて
でも 今 歩き出せて
ほんとによかったと思えるんだ


デートの約束 駅前で
こんな風にずっと待っていたんだ
手をつないで行く商店街
少し照れくさい もう子供じゃないし

誘うようなゆれる風
移り行く季節感じてみたり
はしゃいでる ボクの隣
あくびは飲み込んで 歩いて行こう


風が吹くように日々は過ぎ
夢はもうずっと 見てないけど
キミと一緒なら大丈夫
確信にも似た想い感じている

うだるような空の下
「暑いね」ってふたり笑ってみたり
いじわる 仕返しして
キミと腕絡ませ 歩いていこう

PR

2002.08.11 | Comments(0) | kanon | edit

まちぼうけ

『つないだゆびさき あたたかい・・・』
優しい思い出達 こころを埋めてく

笑い声が響く 大好きなひとと歩いた街
赤く染まる世界

逢いたいな はやくきてよ
冷えた指先が 凍える前に

あいたい そばにいたい
でもまだ見えない影

2001.12.30 | Comments(0) | kanon | edit

約束

幼い日の夢 待っている
悲しみの無い空 赤い雲見てる

さよならの無い夢 遠い記憶
凍えている弱さが 心つなぎとめる

何度も見る夢 知っている
物語の行方 探してる風は

いつかは覚める夢 気付けない
溺れかけた約束 見つからない心

雪解けを待った日に
うすく聞こえた呼び声
ずっと泣いてた空のかけら
気付かない振りをした

2000.05.14 | Comments(0) | kanon | edit

雪の少女

放課後の約束 イチゴサンデー
赤く染まる商店街 喫茶店のドア開ける
ふたりで たのしいね

通学路 駆足で通りぬける
何気ない日も うれしくなる
いつも一緒 なんか昔みたいで

忘れちゃったことは もう しかたないと思うよ
だけど それじゃ わたしの気持ち
置く場所がない 困るよ

意地悪なとこ ちょっと照れたようなしぐさ 変ってないね
隠した気持ち 奥でうずいた
せつなくなる

大切なおもいでがあるんだよ ちょっとくらいは
思い出してよ なんて 言えない
こんな気持ち


お買い物 約束 待ってるって
急いでまわる商店街 入り口に誰もいない…
ひとりは さみしいよ

ビー玉の 赤い目をつけている 雪うさぎは
今日もここに 明日もここに ずっと心にいるよ

冷えたベランダの中 つつまれたぬくもりだけ
こころ だきしめるのに 逃げ出せるほど弱くて

7年間もときがとまってたのは 私だけかな
まっすぐな瞳を わざとそらした
悔しいから

ずるいよ 急にそんな事を言うなんて
わたし 本当は ずっと待ってた なんて 言えない
こんな気持ち


一日中考えてた答えは
最初となにも変ってないって
気付いたから「大好き」って

ゆっくりと私たちの時間は 動き出すけど
もう少し このままでいたいの
そんな気持ち

2000.05.14 | Comments(0) | kanon | edit

風を待った日~ある冬の詩

僕を待った君 君を待つ僕の影
夢をみてる 永い 永い夢

白くかすむ 先に見えている
うたう僕 踊る君 流れてく

離れないようにつないだ手と手が
無邪気に追いかけた後ろ姿が
僕のことをみつめていた瞳が
やわらかに響いてる笑い声が
夕焼けに見とれ離れた手と手が
小さく息づいた白い背中が
ゆれている羽長く伸びた影が
くるりと振り向いた後ろ姿が

消える いつか 移る季節
君は まだ ここにいる

遠い記憶 閉ざされてた冬のうたは
白く跳ねた君と 凪いだ僕の隣 走る少女

凍る雫 溶ける日差し まぶしくて今
つむぐ想い それをここへ呼んで

厚く降りるカーテン 隙間からのぞく赤い実
色のうつる街並 澄んだ空気

離れないようにつないだ手と手が
無邪気に追いかけた後ろ姿が
僕のことをみつめていた瞳が
やわらかに響いてる笑い声が
夕焼けに見とれ離れた手と手が
小さく息づいた白い背中が
ゆれている羽長く伸びた影が
くるりと振り向いた後ろ姿が

ゆれる 遠い季節
君は まだ ここに…

2000.05.14 | Comments(0) | kanon | edit

UP | TOP | HOME